三重県の軟式野球サイト

三重県出身の野球選手

三重県は野球の盛んな県で、プロ野球選手も多く輩出しています。
三重県,プロ野球,

 

2015年に現役の選手ですと、巨人の高木勇人がいます。高木勇人は津市の出身で、2015年から巨人の選手として活躍している新人です。海星高校から三菱重工名古屋に進み、三菱重工名古屋には7年間在籍して巨人にドラフト3位で指名されました。また、同じ巨人の中井大介も三重県出身の野球選手です。中井大介は2009年からの6年間で1軍で5本のホームランを放っていますが、1軍に定着するまでの成績は残せておらず、今後のさらなる活躍が期待されています。

 

中井大介は伊勢市の出身で、宇治山田商業に入学した高校時代は1年の夏から遊撃手のレギュラーを獲得しました。1年の秋からは左翼手兼投手として活躍し、3年の夏には投手兼右翼手として甲子園に出場した経歴を持っているのです。また、オリックスでローテ^ション投手として活躍している西勇輝も三重県主審の野球選手として有名です

 

。西勇輝は2011年に1軍で二けた勝利を記録し、2014年までに39勝をあげる活躍をしています。三重県は古くから野球の盛んな地域であったため、引退選手でも多くのプロ野球選手がいます。戦前の大投手と言われた沢村栄治や、晩年には巨人の代打としてバットを短く持った打撃フォームで人気のあった大道典嘉、1990年代の阪神タイガースのエースとして活躍した藪恵壹などがその代表です。いずれの選手も、プロ野球ファンを魅了する活躍をしました。


ホーム 野球肘、肩、筋肉のお悩み解決集 首都圏少年野球情報