三重県、桑名市の軟式野球はのレベルは?

三重県桑名市の学童軟式野球は盛んなのか?

三重県はスポーツ振興が盛んな県であり、各市町村に学童野球チームがあり技術やチームワークを競っています。中でも桑名市は強豪ひしめく地域であり、三重県の学童野球でも一目置かれる存在です。

 

桑名市は愛知県と接する県北部の町で、四日市市とも隣接しており、名古屋市から25km圏内と交通の便が良く、ベッドタウンとして人口増の傾向が続いています。

 

 

人口14万人ほどの市の中で、15チームもの学童野球チームがあり、隣接しているいなべ市と合わせて学童野球桑名支部は合計27チームと大きな勢力を誇っており、積極的な交流を行っています。

 

人口比で考えた学童野球人口を算出した場合、いかに野球が愛され、地域に愛されているかが良く分かります。

 

プロ野球チームの本拠地があるナゴヤドームが近い事も野球人気が強い理由に拍車を掛けており、強豪チームが多いのも特徴です。
桑名市は大企業協賛の大会が多い事も特徴の一つで、企業名を冠した地方大会も複数ある事もあり、試合は毎回白熱する傾向にあります。

 

また、チーム内の結束力を高めるためにバーベキュー大会様々なイベントを開催するチームもあり、親子だけでなく保護者間の連携や交流の場となっているのも特徴です。名古屋で仕事をする人も多いため、情報交換や流行をキャッチするコミュニティとしての機能も有しています。

 

学童野球から少年野球に移り、チームを卒業した後も家族観や子供間で交流を続ける人も多く、三重県人の親しみやすさを感じる学童野球チームが多いと言えます。


ホーム 野球肘、肩、筋肉のお悩み解決集 首都圏少年野球情報