三重県の軟式野球の歴史は?ト

三重県の軟式野球の状況

多くの人に知られたスポーツの1つに軟式野球があります。野球を初めて行なう場合には軟式から入ることも多く、また、硬球を使用しなくても楽しむことができるために、現在では全日本軟式野球連盟が組織され、全国においても各都道府県ごとに支部が設けられています。軟式野球の歴史は古く、それは大正時代にまで遡ることができます。

軟式野球,三重県,桑名市,学童野球,少年野球

 

三重県においても軟式野球は盛んに行なわれており、数多くの大会も開催されています。三重県では大きく分けて3つの大会が設けられており、徐々にステップアップができるような体制になっています。

 

 

 

まず1つ目には学童支部大会があります。この大会は少年の部と学童の部とに分かれており、大会の内容においても全日本少年軟式野球大会を目指したものとなっています。

 

そして、学童に関しては、他にもスポンサー提供の大会が設けられています。大会の成績によって次のステップとなる県大会に進むことができ、子供たちだけでなく、保護者からも熱心な応援が繰り広げられます。

 

三重県では一般人を対象とした大会も開催されており、この大会においても支部から始まり、県大会までといったような内容になっています。

 

三重県では軟式野球愛好者のために様々な大会が催されていますが、現在、一般県大会としては14大会が設けられています。チーム数としては、中学生を対象とした少年の部で16チーム、小学生などを対象とした学童の部では27チーム、そして、一般の部ではA級で9チーム、B級で6チーム、C級で4チームとなっています。

 

その中でも、Aチームには国体で優勝したり東日本1部代表となっているチームがあり、強豪が名を連ねています。"


ホーム 野球肘、肩、筋肉のお悩み解決集 首都圏少年野球情報